その「YES」は本物ですか ソフィアCM「平和な企画会議 編」

01.Jan.2018

とある企業の会議室。同じ部署の社員たちが集まって部内会議をしています。部長が提案した内容に他の社員たちは全会一致で賛成しますが……?

新年を祝って制作したソフィアCM「平和な企画会議編」は、思わず「あるある」と頷いてしまうような社内のコミュニケーション風景を、撮影場所もカメラマンも役者もオールソフィアで再現してみました。部長の背景にちらっと映っているスライドも、実はこっそり作りこんでいます。

一見部長の意見に賛成しているように見えつつ、実のところ社員たちはチャットで悪口を言いたい放題。部長は部長で、現実味もない企画を提案して、細かいところは部下に丸投げ――CM内ではコミカルに表現しましたが、こうした場面は実際に多くの会社で悩みの種とされています。マネジメントと現場社員のギャップや、一方通行のコミュニケーションは現場からのアイデアやヒヤリハットを吸い上げにくくし、会社の成長を阻害したり、ときには大きな不祥事につながったりすることもあります。

組織風土の問題については、以下の記事をご覧ください。
あなたの組織に、変化を受け入れる風土はあるか?~エンプロイージャーニーマップが求められる理由~

ソフィアではトップダウン・横断・ボトムアップそれぞれのコミュニケーションを調査・分析し、不足しているコミュニケーションにあわせた施策を提案しています。お困りの際はぜひソフィアまでご相談ください。

この一年、皆さんの会社も、社員が互いに意見を交わしあい、新しいアイデアを生みだすことができる「元気な職場」となりますように!

参加メンバーからひとこと

  • 平井 豊康(部長役)
    「意地悪い部長を目指したのですが、どうしても地の人の好さが出てしまって…(笑)あまりのシュールさに誤解されそうで、とても家族には見せられません」
  • 大櫛 直人(社員役)
    「皆さんの演技を邪魔しないよう脇役に徹したかったところですが、体の幅で目立ってしまってごめんなさい」
  • 築地 健(社員役)
    「今回のCMは効率化とコミュニケーションの関係性という意味で、現代社会の課題を象徴したものでした。コミュニケーションのために、PC廃止? 皆様はどう思いましたか?」

 

「その「YES」は本物ですか ソフィアCM「平和な企画会議 編」」の記事をシェア!