地域資源を生かした企業ブランディング活動を推進

事例の背景

中部地方にある従業員数約100名の製菓会社。地域の農業生産者と協同で、農商工連携事業を立ち上げ。農作物のブランディングと同社製品のブランディングで、地域活性化と企業イメージアップを目的としていたが、プロジェクトの全体像やプロジェクト推進のスキームが描けていなかった。

ソフィアによるサービス提供内容

  • プロジェクト体制とプロジェクト推進のシナリオ作成
  • チーム構築ワークショップの実施
  • プロジェクト戦略会議の企画・運営
  • ウェブサイトやソーシャルメディアでの情報発信サポート

関連サービス

お客さまの声

様々な関係者と地域活性化を目指すプロジェクトの第一歩を踏み出すことができた。また自社の事業や農商工連携プロジェクトについて、ソーシャルメディア上で継続的に情報発信することができている。

事例について問い合わせる

資料をダウンロードする

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する