社長メッセージ

代表取締役社長 廣田拓也 私たちソフィアは、2020年をもって創立から20年目を迎えました。

これまでの20年を思い起こしてみると、事業を計画的に実行し積み上げてきたというより、ただひたすらに幸運の連続だったように思います。
さまざまな方々との出会いがあり、その出会いから新たな価値が生まれたこと。これらが自分たちの意図とは別のところで起こり、結果として生かされてきたのではないか、と感じています。今まで関わってくださった方からのあたたかなご支援の数々を思うと感謝の念に堪えません。誠にありがとうございます。20年という節目を迎え、これまでの感謝の気持ちをお返ししたい、そして出会った方々とともに、さらに多くの人を元気にしていきたいと決意を新たにしています。

同時に、2020年は私たちにとって新たな20年のスタート地点でもあります。
これからの未来には、一体何が待っているのでしょうか。
激動の時代と言われ、社会はめまぐるしく変わっています。想像するまでもなく、企業や組織のあり方、個人の働き方も大きく変わるでしょう。その変化に対し、私たちソフィアも「変化をおもしろがる」姿勢を忘れず、柔軟に変わり続けていきます。

右肩上がりの経済成長が終わった社会において、企業・組織と個々人がお互いに成長を続けるためには、コミュニケーションが重要な要素になると考え、ソフィアではこれまで、インターナルコミュニケーションを事業の中心においてきました。多くの人がさらに元気に働き、組織のパフォーマンスが高まるようサポートしていくだけでなく、今後は、社会課題や地域・自治体にも目を向け、これまで以上に広い視野を持ってサービスを提供していきたいと考えています。

しかし、社会や提供するサービスがどんなに変わろうとも、私たちが実現したいことはいたってシンプルです。
それは、一人ひとりが自分の仕事を誇らしく思い、家族や友人にその喜びや苦労を語り分かち合うこと、そうして生き生きと働く人々を通して組織や地域社会が元気になっていくことです。

「人と組織を元気にします」

私たちが掲げるミッションは変わりません。
これからも目指すべき社会の姿を見失うことなく、常にアンテナを張り、自分たちにできることを見極めて着実に追い求める集団であり続けたいと思います。

代表取締役社長 廣田 拓也

社名の由来

「sofia」はギリシャ語で「英知」を表す言葉です。
会社としては小さいながらも、世の中に知恵と価値を生み出していく集団であり続けたいという思いを込めています。

おすすめの記事