オフィス不在・直行直帰のデジタルワークプレイス導入支援

概要 / Overview

企業規模:
中堅企業
人数規模:
1,000名以上
背景課題:

①ワークスタイル変革は、意識もスキルも両方大事

Office365の導入に伴い、全社的なワークスタイル変革を部門横断型のプロジェクトで推進しました。しかしOffice365のツールの知識や機能に関する知見が薄く、各部門や部署毎の業務もわからない中で、在宅制度やフレックスなど制度だけの改変を進め、実際の現場の働き方全く変化が起きておらず、またプロジェクトメンバーがITリテラシーの高い若手中心だった為、社内的な影響力も低く、働き方は一向に変革する事はありませんでした。業を煮やして経営陣は、「会社に出社せずに直行直帰のできる状態にするように」と具体的な状態設定を明示しトップダウンの働き方変革にかじを切りました。働き方変革に全社的な機運を高まったものの、現場の業務とOffice365の機能をどのように紐づけ、ワークスタイル変革するのか?、ITリテラシーはどうするのか?問題は山積しておりました。

②小さくはじめて、大きく勝つ

主力部門2部門を中心に業務上の不満や不快を洗い出し、部門内で、Office365の用途開発のワークショップを実施し、不満や不快の解消としての、働き方変革にストーリーを変え、Office365以外のERPの用途も含めて、システム改変とワークスタイル変革を実現し、オフィス不在の状況をシステム上、実現する事ができました。

成果物 / Output

  • Office365(Micorosoft365)の用途開発
  • Share Point Onlineのサイト設計・実装
  • Yammer/Teamsの設計・ガイドライン作成
  • ERPシステムのガイドライン作成
  • インプリメンテーショントレーニング実施
  • スタイル変革に向けたインターナルコミュニケーション支援

提供価値 / Value Proposition

  • Office365の技術的支援
  • チェンジマネジメントのシナリオ作成
  • コミュケーション施策の伴走

事例集をダウンロードする

事例について問い合わせる

Communication platform に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事