トップのコミット!現場の腹落ち!成功事例に学ぶSDGs浸透手法 〜10月2日(金)オンラインセミナー開催〜

23.Sep.2020

時代はCSRから事業を通じての社会課題に貢献するCSVの実践へ。それは、SDGs(持続可能な開発目標)を企業に導入するという大きな流れにもなっています。
企業内でこのミッションを課せられたあなたにとって、SDGsを企業がどのように活用するかを示している “SDG Compass”※1は非常に心強い指南書でしょう。
※1 GRI(グローバル・レポーティング・イニシアティブ)と、国連グローバル・コンパクト及びWBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)が共同で作成した、SDGs の企業行動指針。

しかし残念ながら、なかなか指南書通りに進まないのが現実です。
SDGs施策が進まず悩んでいる方、社内でこんな“SDGs経営ウォッシュ”が起きていませんか?

◎陥りがちな《SDGs経営ウォッシュ》
・「あとはよろしく!」 バッチはつけているが経営者が無関心
・「また本社が何か始めた!」 経営と従業員とのギャップ
・「CSRの仕事でしょ!」 事業部門からの協力が得られない

このセミナーでは、 企業変革をテーマにインターナルコミュニケーションを実践するソフィアが、20年間に渡り蓄積してきたノウハウや成功事例を元に、各状況に併せた解決策をご紹介していきます。
SDGsの社内浸透に悩んでいる方は、是非ご参加ください。

■開催概要
日時:10月2日(金) 16:00~17:30
参加費:無料
定員:30名
申し込み締め切り:10月2日(金)
※オンライン会議システム「Zoom」を用いて実施します。ご参加者へはURLをメールにてご案内いたします。

■対象
企業、自治体に所属されている経営幹部、SDGs推進の責任者・担当者で、以下に該当される方
・SDGsの取り組みに対し、トップのコミットメントを得たい
・SDGsのマテリアル及びKPIを現場に腹落ちさせたい
※1企業から複数名参加の場合も、お1人ずつ下記フォームよりお申込みください
※同業の方はお断りする場合がございます。ご了承ください。

■プログラム
1.オリエンテーション:SDGsに取り組む、そのゴールとは何を意味するのか。
– SDGs経営は「自社」にとってどのようメリットがあるのか?
– SDGs経営は「現場や社員」にとってどのようなメリットがあるのか?
2.SDGsと社内の壁 ~事例から学ぶ、成功と失敗~
– 上意下達型の社内浸透に陥っていませんか?
– 面従腹背(社員の無関心)に陥っていませんか?
– 成果に結びついていないのではないですか?
– 社内以外は誰も知らないのではないですか?
3.失敗しないための社内浸透施策とは
– SDGsを社内浸透にさせるために、必要なことはなにか?
– 自社の現状点検のやり方
– 施策事例のご紹介
4.何でも質問タイム&交流会

■講師
株式会社ソフィアサーキュラーデザイン
サステナブルブランドファシリテーター
平林泰直

大手精密機器メーカーのコミュニケーション部門に在籍。デジタルマーケ・ウェブ分野の責任者として実績を残す。また、ビジョン浸透のインターナル分野においても、経団連を始めとした数々の賞を受賞した。2020年に起業、SDGs経営を起業に導入するブランド支援を開始し、その広い分野の経験から出版社、アパレル、印刷などの大手クライアントを持つ。
2030SDGsカードゲーム公認ファシリテーター、Futures Design ファシリテーター、地域創生SDGs産学共同プラットフォーム参画。

・SDGsコミュニケーションの分野において、トライバルメディアハウスと業務提携を発表。
https://www.sofia-inc.com/2020/05/5784.html
・10月に開催されるad:techTokyo「社会課題にマーケッターは主役になれるか」に登壇予定。
https://adtech-tokyo.com/ja/speaker/speaker.html?num=403_year2020

申し込みフォーム

関連ページ

「トップのコミット!現場の腹落ち!成功事例に学ぶSDGs浸透手法 〜10月2日(金)オンラインセミナー開催〜」の記事をシェア!