顧客中心主義の組織への移行するための組織風土改革

概要 / Overview

企業規模:
中堅企業
人数規模:
1,000名以上
背景課題:

①過去の成功体験という見えない組織慣行による機会損失

顧客の価値観や生活様式が変化する中、その変化にスピーディに対応できず、機会損失が生まれていました。この原因の一つして、過去の成功体験が意思決定基準となり、これまでのビジネスのやり方を踏襲するという問題があげられ、顧客中心主義の組織風土へと変革していくことが課題となっていました。

②腰を据えた風土を変える方が近道なのか?

社員意識調査、インタビュー、フランチャイズ先の販売店へのヒアリングなどを踏まえ、顧客中心主義の阻害要因を抽出し、組織風土を変えるためのシナリオを策定。3か年のマイルストーンを作成し、経営の社員の対話会、マネジメント層のコミュニケーション研修、ビジョンの策定、全部門の活動とビジョンの紐づけなど、さまざまな施策を支援し、顧客中心主義のビジネスへと変革を進めている。また、現在では、フランチャイズ先も含めたバリューチェーン全体での顧客中心主義への組織風土改革の動きに進化している。

成果物 / Output

  • 社員意識調査、社員インタビュー 分析結果とインサイトの抽出
  • 顧客へのインタビュー 社内調査とのGAP分析
  • マネジメント層の行動改革支援(マネジメント研修)
  • ビジョン、価値観の策定、ビジョンブックの制作
  • 社内ポータルの構築
  • グループ合同入社式、グループ新卒紹介冊子

提供価値 / Value Proposition

  • 調査分析による社員インサイトの抽出
  • インサイトに合わせたシナリオ策定(伴走)
  • 経営層とのリレーションシップ
  • トップおよびボトムからの両施策の実現

組織改革・インターナルコミュニケーションなど
全47事例を一挙公開

事例集をダウンロード(無料)

組織課題や、掲載している事例・サービスに
関してお気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら

Communication for Engagement に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事