従業員エンゲージメントを高めたい

#経営企画部#事業部#人事部

先の見えない社会情勢や勤務先の経営状況、職場の人間関係、社員の個人的な不安など、現代社会のビジネスパーソンは、さまざまな不安や不満を抱えながら、業務を遂行しなければならない状況に置かれています。また従業員の働き方や価値観が多様化する中、日本の旧来型の雇用形態を前提とした組織運営のままでは、従業員をつなぎとめて組織の一体感を保つことが困難になっています。

「従業員のモチベーション」「自立意識の低下」「離職の増加」……こうしたさまざまな問題に、人事部門を含めた当該担当部門の担当者は頭を悩ませています。
現代においては、組織と社員の関係性そのものが、企業の競争力を左右する要因になります。エンゲージメントの向上には、コミュニケーションの質と量が重要です。しかし、他社の成功事例をそのまま取り入れた施策や、ビジネストレンドやバズワードに流された施策はむしろ逆効果となることもあります。自社の置かれた現状や、従業員の本音をしっかりと踏まえた上で、自社に合った取り組み方法を見極め、共感を生むコミュニケーションを行っていくことが大切です。

メディアとリアルのコミュニケーションを適切に組み合わせ、社員の意識と行動を引き出す

従業員の感情に着目し、共感度の高いコミュニケーション施策を展開

まずは経営陣へのヒアリングや、社員調査の再分析、社員ヒアリング等を行って従業員エンゲージントの現状を把握し、将来的にありたい従業員エンゲージメントの状態とのギャップを明らかにします。そのうえで、現状の課題に優先順位をつけて、急を要するものや効果の高いものから優先的に取り組んでいきます。

ソフィアでは、従業員の意識・行動の変化に着目しながらエンゲージメント向上のシナリオ(エンプロイージャーニーマップ)を描き、必要なコミュニケーション手段とメッセージを洗い出していきます。そして、研修・ワークショップや社内イベントをはじめ、動画、冊子やポスター、クレドやカードなど、リアルとWeb、アナログとデジタルの両面で、社員の参画と共感を促す施策とクリエイティブを提供します。

社員エンゲージメント向上について問い合わせる

おすすめの記事