SDGsトップのコミットメントを産み出すボトムアップ型の意思決定支援

概要 / Overview

企業規模:
企業グループ企業
人数規模:
10,000名以上
背景課題:

①SDGs浸透のコミュニケーション施策で疲弊していたCSR部門

SDGsの必要性や重要性を組織内に浸透させるには、社内だけでなく社外のステークホルダーにもコミュニケーションをはかることが重要です。当然ながらトップのコミットメントなしには進められませんが、実際には業界や時代の潮流に乗ろうとしているだけに過ぎない例も少なくありません。同社では、CSR部門が中心となって社内外へのコミュニケーション施策を実施していました。そのため、トップのメッセージやSDGsのマテリアリティ(重要課題)の設定など、意思決定に関わる答申資料の作成に膨大な時間と労力を費やし、疲弊する状況が続いていました。

②社員アンケートで見えた経営課題への対策をSDGs施策を通して提案

まず、従業員のSDGs理解度や実行状況を把握する必要があると考え、同社で毎年実施している従業員満足度調査にSDGsに関する質問項目を入れて可視化をはかりました。すると、多くの社員がSDGsに限らず経営方針や経営上の意思決定などに対しても大きな不満を抱いていたことがわかり、SDGs以前に企業の根本的な課題が浮き彫りになったのです。そこで、そのアンケートデータを元にSDGsを通して経営課題を解決する施策を役員陣に提案。結果、SDGsと中期経営計画を組み込んだ大きな意思決定を生み出すことに成功しました。

成果物 / Output

  • SDGs浸透度アンケート調査
  • 役員向けアンケートフィードバック&セミナー
  • SDGsマテリアティ設定の合意形成支援
  • 各種答申書作成支援

提供価値 / Value Proposition

  • 業務ゴト化から組織ゴト化への支援(各部の巻き込み)
  • SDGs経営コンサルティング
  • インターナルコミュニケーション支援

事例集をダウンロードする

事例について問い合わせる

Communication for Change management に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事