守りの情報セキュリティvs攻めの事業部のコンフリクトを軽減する情報セキュリティ浸透に向けたコミュニケーション支援

概要 / Overview

企業規模:
大規模企業
人数規模:
5,000名以上
背景課題:

①現場(部分最適)と経営カバナンス(全体最適)のコンフリクト

情報セキュリティ・サイバーセキュリティに脅威が日に日に増す中で、業界内でセキュリティ対策が遅れていた当社は、セキュリティポリシー再設計やセキュリティガイドライン及び浸透活動を始めました。事業部制を引いており、各事業部毎に、ビジネスモデルや商習慣の違い、情報に対する感度やITリテラシーもバラバラの状況にあり、経営ガバナンスをコントロールしづらい状況にありました。加えて、情報セキュリティの管掌部門である情報システム部門は、社内的な影響力が低く、情報セキュリティは情報システム部門の責任という社内認識が依然としてある状況でした

②抵抗を産むのではなく、巻き込んでいくというコミュニケーション

キュリティコンサルを導入し、情報資産の棚卸からリスクアセスメントなど基本的な項目は実施できるものの、肝心の事業部門の巻き込み・社員への腹落ちという根幹的な部分が残りました。
セキュリティコンサルと一緒に、セキュリティ実践度とセキュリティ対する納得度を可視化するアンケートを設計し実施しました。そして、事業部門内ワークショップを実施し、外部から、情報セキュリティのリスクを指摘するだけはなく、アンケートデータを基に、事業部門内で自分たちでリスクを洗い出してもらいました。又、そこで出てきた各事業部の課題や解決策を、イントラで共有し、最終的には、情報セキュリティガイドラインにも反映する個になりました。

成果物 / Output

  • セキュリティ意識調査アンケート実施
  • 部門横断型のセキュリティチームの会議運営支援
  • 部門単位のセキュリティ状況のデータフィードバック
  • 部門単位のセキュリティ改善に向けた課題解決ワークショップ
  • 全社のセキュリティ浸透に向けた制作物

提供価値 / Value Proposition

  • 経営と現場のコミュニケーションシナリオ作成
  • 社員の感情の可視化を踏まえた社員巻き込みシナリオ作成

組織改革・インターナルコミュニケーションなど
全47事例を一挙公開

事例集をダウンロード(無料)

組織課題や、掲載している事例・サービスに
関してお気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら

Communication platform に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事