WORKS

お客様事例

難解な情報セキュリティ知識をすんなり浸透させるコミュニケーションデザイン支援

概要 / Overview

企業規模:
企業グループ
人数規模:
10,000名以上

流動性の高い社員へのセキュリティ教育は至難の業

同グループは大量の個人情報を取り扱っている一方で、非正規社員の比率が高く従業員の流動性も高い状況にあり、社内にCSIRTの専門部隊もあったことから、情報セキュリティの徹底が企業の重要課題となっていました。しかし、情報セキュリティやサイバーセキュリティに関する知識や技術は日進月歩で複雑さを増しており、社内へのトレーニングや情報提供をする上で、いかに分かりやすく伝えるかが課題になっていました。

難解なセキュリティ知識をデザインの力でわかりやすく

同グループが取引していたセキュリティベンダーはセキュリティのプロではあるものの、コミュニケーションのプロではないため「分かりやすく伝える」という点については専門外でした。そこでソフィアがセキュリティベンダーと一緒に、難解な知識や技術を分かりやすいコンテンツとして編集・デザインしました。そのうえで、社員がアクセスしやすく受け入れやすい情報フローを構築し、グループにおいてセキュリティ知識に関する理解や認識を大きく向上することに成功しました。

成果物 / Output

  • セキュリティ意識調査アンケート実施
  • Eラーニングコンテンツ制作
  • セキュリティ新聞 冊子制作
  • 全社のセキュリティ浸透に向けた制作物

提供価値 / Value Proposition

  • 社員目線のクリエイティブデザイン
  • 社員目線のコミュニケーションフロー

組織改革・
インターナルコミュニケーションなど
全47事例を一挙公開

組織課題や、掲載している
事例・サービスに
関して
お気軽にお問い合わせください。

BLOG

おすすめの記事