業務改革と基幹システムを繋ぐチェンジマネジメントとコミュニケーション施策

概要 / Overview

企業規模:
企業グループ企業
人数規模:
10,000名以上
背景課題:

①目的は、システム導入なのか?、それとも業務改革なのか?

グループ・グローバルで、各機能部門でバラバラでだったERPシステムを「業務改革/BPR」を目的として統合導入するプロジェクトを開始しました。基幹システムの刷新は、高額なコストがかかる為、情報システム部門は、経営の承認を貰う事が至難の業でした。又、導入コストは積算できるものの、業務改革や業務変革を進めるコストやチェンジマネジメントに対する費用の積算が難しく、予算には盛り込んでいませんでした。カットオーバーに向けて、業務変革への抵抗処理の必要性が高まる中、多くの社員から業務変革への心理的抵抗と業務変革にむけた負荷が浮き彫りなりチェンジマネジメントの必要性が急浮上してきました。

②社員の心理状況を可視化し、一つ一つ丁寧にコミュニケーションする事が近道

社員の心理的状態やリテラシーをヒアリングやアンケ―トで可視化しながら、社員心理状態をペルソナで設定し、リテラシーのギャップと併せて社員状態を可視化、部門毎、ターゲット毎に、コミュニケーション施策を検討し、実装しました。おかげさまで、逆に現場からの協力を得る事が出来た事もあり、大きな抵抗が生じることなく、システム導入をする事が出来ました。

成果物 / Output

  • ERP導入及びマニュアル類のドキュメント分析
  • 社員インタビュー
  • 社員ペルソナ作成
  • チェンジマネジメント計画の作成
  • インプリメンテーションラーニングコンテンツ作成
  • FAQサイト
  • 業務改革推進に向けた各種インターナルコミュニケーション実施

提供価値 / Value Proposition

  • チェンジマネジメントのシナリオ作成
  • 伴奏型の施策実行
  • 社員の感情の可視化を踏まえた社員巻き込みシナリオ作成

事例集をダウンロードする

事例について問い合わせる

Communication for Engagement に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事