組織横断的な活動とコラボレーションツールの活用を阻害するセキュリティ意識やリテラシーの改善

概要 / Overview

企業規模:
企業グループ企業
人数規模:
10,000名以上
背景課題:

①コミュニケーションツールを導入しても、コミュニケーションは変わらないリテラシーの壁

製造業としてスピーディに事業横断的にそれぞれの価値を組み合わせ新しい価値を生みだしていく、また外部パートナーとも組んでイノベーションを起こすという戦略が打ち出され、そのためのシステムやコラボレーションツールが導入されました。しかし、これまでいくつかの事業に分かれて事業運営を行ってきたため、組織横断的な動きには慣れておらず、活発な動きが取れない状況にあった。そのボトルネックの一つがセキュリティ意識とITリテラシーでした。

②セキュリティはコラボレーションの鍵

事業ごとにセキュリティの考え方がばらばらであっただけでなく、現場ではセキュリティ意識が欠けている状況が多く見受けられ、自部門の事業や顧客の情報資産を守るために他事業との連携を行わない、また連携するためにセキュリティをしっかりすることで業務負荷が高くなるならやらない、といったボトルネックを解消すべく、マネジメント研修、浸透ツールの制作を行い、組織横断的な活動を促してきました。結果的なセキュリティという安全なコミュケーションルートを作成することで、コラボレーションは促進されました。つまり、セキュリティ=共有というレトリックが働きました。

成果物 / Output

  • 社員意識調査(セキュリティ意識とリテラシー)
  • 社員およびマネジメントインタビューと分析、インサイトの抽出
  • 浸透シナリオと施策デザイン
  • マネジメント研修
  • 浸透ツールの制作
  • PDCAサイクルの実現

提供価値 / Value Proposition

  • 調査分析による社員インサイトの抽出
  • インサイトに合わせたシナリオ策定(伴走)
  • トップおよびボトムからの両施策の実現

組織改革・インターナルコミュニケーションなど
全47事例を一挙公開

事例集をダウンロード(無料)

組織課題や、掲載している事例・サービスに
関してお気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら

Communication platform に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事