グループ・グローバルで社内報とWEB社内報のコンテンツリストラクチャリング

概要 / Overview

企業規模:
企業グループ企業
人数規模:
10,000名以上
背景課題:

①人員と予算を変えずに、各メディアの効果アップを実現

社内報(紙冊子)、WEB社内報、社内SNS、社内動画サイトと4つの効果測定分析(ログ解析、アンケ―ト分析、導線分析など)を実施。その中で、各メディアで発信しているコンテンツにばらつきがあること、ターゲットとする社員にリーチしていないこと、そしてそれら広報活動に関わる人員および投資予算に対して効果が十分でないことなど、数々の問題が判明しました。さらに社内広報のコンテンツの承認フローも多く、労働時間にも無駄が生じていました。
これに対し、現状の人員と予算を変えずに効果を創出することを目的とし、エンプロイージャーニーマップを設計しました。各メディアの役割を再設定し、コンテンツを整理しながらコンテンツマップを作成。1年後に効果測定を再度実施し、インターナルコミュニケーションの効果を確認することができました。

成果物 / Output

  • 社内メディア効果測定分析
  • エンプロイージャーニーマップ
  • 各メディア(社内報・WEB社内報・社内SNS)
  • メディアコンテンツの再整理
  • コンテンツマップ

提供価値 / Value Proposition

  • 社員ペルソナ設計
  • エンプロイージャーニーマップ

事例集をダウンロードする

事例について問い合わせる

Communication for Engagement に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事