『広報研究』に弊社コンサルタント池田の論文が掲載されました

#インナーブランディング#コミュニケーション#ビジョン浸透

10.Apr.2018

2018年3月31日、日本広報学会学会誌『広報研究』第22号に、柴山慎一氏(野村総合研究所/社会情報大学院大学)・清水正道氏(筑波学院大学)・中村昭典氏(名古屋経済大学)とソフィアのコンサルタント池田勝彦との共同論文「先進事例にみる日本企業のインターナル・コミュニケーション――理念・ビジョンの浸透プロセスにおける「自分ごと」の重要性――」が掲載されました。

この論文は、インターナル・コミュニケーションについて先進的な取り組みを行っている7社を事例として、理念・ビジョンが組織内で浸透していくプロセスを「SUPPモデル」として体系づけるとともに、社員一人ひとりの「自分ごと」化がいかに重要であるかを明らかにしたものです。

より詳しい内容をご覧になりたい方は、日本広報学会事務局よりご購入いただけます。こちらよりお申し込みください。
【頒価(送料込)】
会員および法人会員登録者 1,000円
非会員 1,500円

関連ページ

人気のある読み物

おすすめの記事