社員と組織のコミュニケーションの状態を可視化するコミュニケーション調査

概要 / Overview

企業規模:
企業グループ企業
人数規模:
10,000名以上
背景課題:

①社員間のコミュニケーションの改善と業務効率化を実現するプロジェクト

業務効率化を徹底した結果、業務がサイロ化したり事業部同士で競争意識が芽生えてしまったりなど、部門間の壁が生まれる事態に。さらにそれがコンプライアンス上の大きな問題を引き起こすことになりました。この件をきっかけに、コンプライアンスの徹底を実施するとともに、社内コミュニケーションを改善するプロジェクトがスタートしました。
社内コミュニケーションの状態は、経営から現場へのメッセージ発信以外は機能しておらず、コミュケーション・ルートも多いとはいえない状態でした。そこでアンケ―ト回答の分析結果を活用し、プロジェクトメンバーとともに、経営層に向けてコミュケーション・ルートや制度の仕組みを検討していただくように答申することができました。

成果物 / Output

  • コミュケーションアンケート
  • ヒアリング・インタビュー

提供価値 / Value Proposition

  • インターナルコミュニケーション要因分析
  • インターナルコミュケーション施策

事例集をダウンロードする

事例について問い合わせる

Communication for Engagement に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事