カスタマーエクスペリエンスを実現に向けたエンプロイーエクスペリエンスの可視化

概要 / Overview

企業規模:
中堅企業
人数規模:
1,000名以上
背景課題:

①顧客エクスペリエンスは向上する一方で、社内の高い離職率が問題に

従業員のエクスペリエンス(経験価値)を高めることが、顧客エクスペリエンスの向上につながる。そのような信念から、同社では従業員エクスペリエンス向上への取り組みを実施し、戦略的にインターナルコミュニケーションを設計したことで、顧客エクスペリエンスを7倍も向上させることに成功。しかし、顧客エクスペリエンスを主眼に置いたサービス開発に多くの経営リソースを割いていた一方で、業界平均を大きく上回る社内の離職率が大きな課題となっていました。

②従業員エクスペリエンスの改善により離職率が低下

従業員が企業に入社してから、部署配置がなされ、業務に従事し、プロジェクトで活躍し、そして退社する。そのような一連のあらゆる経験やイベントごとにモチベーションや心理状態を可視化し、「現状の従業員エクスぺリンス」と「あるべき従業員エクスぺリンス」を設定しました。そしてイベントごとに施策を講じることで離職率を下げることに成功。結果として顧客満足度向上の支援にもつながりました。

成果物 / Output

  • 従業員満足度調査再分析/各種アンケート調査
  • 社内メディアのログ解析
  • ヒアリング・インタビュー
  • 顧客満足度調査分析
  • エンプロイーエクスぺリンス可視化
  • インターナルコミュニケーション施策実施

提供価値 / Value Proposition

  • 複数の社内調査の再分析及び統合分析
  • エンプロイージャーニーマップ
  • インターナルコミュケーション施策

事例集をダウンロードする

事例について問い合わせる

Communication for Engagement に関連した事例一覧

事例種別

Communication
for Engagement

所属する組織に対する愛着、想い入れ、誇りを育てる

Communication
for Change management

目指す組織の状態にむけて変革を行う

Communication
for Customer value

商品・サービスのエンドユーザーの視点から商品・サービス・業務フローを見直し、付加価値を向上する

Communication
platform

組織内において、会社と従業員・従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うための基盤を構築する

おすすめの記事