社内コミュニケーションがうまくいかない原因を徹底究明!失敗しない社内コミュニケーション施策

コロナやテレワークの浸透によって社内コミュニケーションが取りにくい環境になり、以前にも増して社内コミュニケーション不足が企業内で深刻な問題となっています。

部門間や事業所間での縦割り意識、経営層と社員の少ない対面機会、コミュニケーションを取る場所やきっかけの不足など、さまざまな要因が原因として挙げられますが、先を見通すことが難しくなった現代のようなビジネス環境のなかで、この社内コミュニケーション不足による問題や課題を認識している人も多いのではないでしょうか。

この記事では、社内コミュニケーション不足の原因となる課題を徹底究明し、その改善策としてどのようなアプローチがあるのかについて解説します。
部門間の連携強化や経営層とのコミュニケーション活性化、テレワーク社員とのコミュニケーション改善など、具体的な対策にも焦点を当てながら、社内コミュニケーション改善の重要性について考えていきます。

社内コミュニケーション不足による影響とその原因

冒頭に述べた通り、社内コミュニケーションの不足は、現代のビジネスにおいて深刻な問題です。部門間や他部署での連携がスムーズに取れず、従業員のモチベーションが低下し、精神的なストレスが増加することで、組織全体のパフォーマンスに悪影響を与えることがあります。

社内コミュニケーション不足の原因となりやすい組織の特徴についての理解を深め、情報共有ツールやビジネスチャット、Web会議システムなどの活用による社内コミュニケーション改善の施策についても探求します。組織のコミュニケーション環境を改善するための具体的な手法について、考察していきましょう。

経営層と社員のコミュニケーション不足

課題1としては、組織内でのコミュニケーション不足は、経営層と社員の間のコミュニケーションにも影響を与えます。経営層と社員のコミュニケーション不足は、企業の業務に大きな障害をもたらす可能性があります。

経営層と社員のコミュニケーション不足が起こる主な要因の一つは、情報の伝達や意思決定のプロセスにおいての不透明さです。経営層が社員に対して必要な情報や方針を適切に伝えず、社員が業務を遂行する上で不明瞭な点や混乱が生じることがあります。逆に、社員が経営層に対して意見や提案を適切に伝えられない状況もコミュニケーション不足の一因となります。

経営層と社員のコミュニケーション不足が生じると、以下のような問題が発生する可能性があります。

まず、社員は経営層の方針や目標について正確な理解を持たず、業務に対するモチベーションが低下することがあります。経営層が社員に対して適切な情報を提供せず、目標に向かって進む意欲や熱意が薄れてしまうのです。

また、経営層と社員の信頼関係も構築できなくなる可能性があります。経営層が社員に対して十分な情報を提供せず、意思決定や方針の変更に対して透明性が欠ける場合、社員は経営層に対して疑念や不信感を抱くことがあります。結果として、組織の一体感やチームワークが乱れ、業務の効率性が低下することが考えられます。

カジュアルなコミュニケーション取得の場所やきっかけが不足している

課題2では、社内コミュニケーションの取得の場所きっかけが不足していることが課題として挙げられます。これは、従業員同士や部署間での情報共有がしにくい環境であることや、相談や悩みを口にしにくい雰囲気があることが原因とされます。

社内コミュニケーションの取得の場所やきっかけが不足すると、情報が滞ったり、意思疎通が図れなくなることがあります。たとえば、会議やミーティングが少なく、部門間や他部署との連携がスムーズに行われない場合、情報が適切に共有されず、業務の進行に支障が生じる可能性があります。

また、相談や悩みを口にしにくい環境では、従業員の仕事に対するモチベーションが低下したり、精神的なストレスが増加することも考えられます。社内でのコミュニケーションが不足すると、問題や困難に直面した際に適切なアドバイスや支援を受けることができず、個人の能力や意欲が十分に発揮されない可能性があります。

部門間や他部署での連携不足

課題3として挙げられるのは、部門間や他部署での連携不足です。企業内には多くの部門が存在しており、それぞれの部門が連携しながら業務を進めることが求められますが、部門間や他部署での連携が不足している場合、さまざまな問題が生じます。

たとえば、情報共有が行われないため、重要な情報が伝わらず、業務の進行に支障をきたすことがあります。また、意思疎通が困難となり、業務の調整や意見の交換がスムーズに行われないこともあります。さらに、部門間の連携が不足すると、業務の重複やミスが発生しやすくなります

部門間や他部署での連携不足は、企業の成果や効率に悪影響を及ぼします。そのため、部門間の連携を強化し、情報共有や意思疎通を円滑にすることが重要です。適切なツールやシステムの、定期的な会議や交流の場の設置など、さまざまな方法を組み合わせて連携の強化を図ることが求められます。企業全体の成長と発展のために、部門間の連携を積極的に推進していきましょう。

社内コミュニケーション改善のための対策

近年、社内のコミュニケーションの改善が企業にとって重要な課題となっています。効果的なコミュニケーションの確立は、チームの連携と生産性向上に直結するため、組織の成果に大きな影響を与える要素となります。

ここからは社内コミュニケーションの課題と具体的な対策について探求し、各部署や役職間のコミュニケーションを円滑化させるための手法や、情報共有の仕組みを強化するためのツールの活用法など、実践的なアプローチをご紹介します。社内コミュニケーションの改善についてより良い職場環境の実現に向けて一緒に考えていきましょう。

部門間や他部署との連携強化策

社内コミュニケーションの改善は、組織の円滑な運営や成果の向上に不可欠とは言え、現実にはコミュニケーションの課題が存在し、それを解決するための対策が必要です。

まず、職場のコミュニケーションの課題を把握することが重要です。会社や経営層とのタテのコミュニケーション、同僚とのヨコのコミュニケーション、部署や拠点を超えたナナメのコミュニケーションなど、さまざまなレベルでの課題が存在します。従業員の声や行動から読み取れるデータを解析し、具体的な課題を特定することが第一歩です。

次に、コミュニケーションを加速させるための施策を考えましょう。まずは、会社としてコミュニケーションが弾む環境を整えることが必要です。たとえば、コミュニケーションを促進するイベントやツール、社内ポータルやSNSの活用などが挙げられます。これに加えて、社員自身も積極的に関わり合いを持ち、コミュニケーションを活かす意識を持つことが重要です。

さらに、職場のコミュニケーションを改善するためのポイントを考えましょう。まずは、コミュニケーションの重要性をすべての社員が理解することが必要です。コミュニケーションが円滑に行われることで、成果創出やチームワークの向上につながることを認識しましょう。また、組織の状態や社員のスキルに合わせて、適切なコミュニケーション方法を実施することも重要です。場合によっては制度変更や改善活動も視野に入れることがあります。

具体的な改善方法としては、バラバラした組織の場合には組織全体の情報共有を促進し、ギスギスした組織の場合にはコミュニケーションスキルの向上やコンフリクト解決のトレーニングを行うことが効果的です。また、ワイワイとした組織の場合には効率的なコミュニケーション手法を導入し、業務効率の向上を図ることが重要です。

職場のコミュニケーション改善は、組織全体のパフォーマンス向上につながる重要な取り組みです。従業員の声を反映させながら、具体的な課題を把握し、適切な施策を取り入れていくことが必要です。コミュニケーションを通じて情報共有や意思疎通を図り、より良い職場環境を作り上げましょう。

経営層と社員のコミュニケーション活性化策

経営層と社員の間の良好なコミュニケーションは、組織全体の効率性や生産性を向上させるだけでなく、従業員の満足度やモチベーションを高めることにもつながります。

まず、経営層と社員のコミュニケーションを活性化させるためには、定期的な対話の機会を設けることが重要です。経営層が社員とのコミュニケーションを積極的に行い、意見やフィードバックを受け入れる姿勢を示すことで、社員はより安心感を持ち、自身のアイデアや意見を積極的に出すことができます。

また、経営層と社員のコミュニケーションを活性化させるためには、情報共有の仕組みを整えることも重要です。経営層が透明性を持って情報を共有し、社員が必要な情報にアクセスできるようにすることで、情報の障壁を取り除き、円滑なコミュニケーションにつながっていきます。

さらに、経営層と社員のコミュニケーションを活性化させるためには、コミュニケーションツールの活用も有効です。たとえば、社内ポータルやSNSなどのツールを活用することで、経営層と社員のコミュニケーションが円滑に行われるだけでなく、情報の共有や意見交換が促進されることが期待できます。

さらに、経営層と社員のコミュニケーションを活性化させるためには、定期的な研修やワークショップを実施することも効果的です。経営層と社員が一緒に学び、意見を交換することで、お互いの理解を深めることができます。

最後に、経営層と社員のコミュニケーションを活性化させるためには、称賛やフィードバックの文化を構築することも重要です。経営層が社員の成果や努力を積極的に評価し、フィードバックを行うことで、社員のモチベーションやパフォーマンスを向上させることができます。

経営層と社員のコミュニケーション活性化策は、企業の成功にとって欠かせない要素です。経営層が積極的にコミュニケーションを行い、社員の意見やアイデアを尊重する姿勢を持つことで、より良い組織文化を築くことができます。

テレワーク社員とのツールを活用したコミュニケーション促進策

テレワークは、働き方の柔軟性を高め、生産性向上につながる一方で、コミュニケーション不足が課題となることもあります。そこで、テレワーク社員との円滑なコミュニケーションを促進するためには、以下の対策が有効です。

まずは、定期的なオンラインミーティングの実施です。テレワーク社員との面談や報告会を定期的に行うことで、情報共有や意思決定のスピードを向上させることができます。オンラインツールを活用し、ビデオ会議やチャットツールを通じて、顔を見ながらコミュニケーションを取ることが重要です。

また、コミュニケーションツールの活用も大切です。テレワーク社員同士や上司との連絡をスムーズに行うためには、メールやチャットツールなどのツールを活用しましょう。メールでは、明確な件名や要点をまとめることで、相手に伝わりやすくなります。チャットツールでは、リアルタイムなコミュニケーションが可能であり、迅速な対応ができます。

さらに、情報共有の仕組みのあり方にも配慮が必要です。テレワーク社員が必要な情報にアクセスしやすくするために、クラウドストレージや共有ドキュメントの活用することや、社内ポータルサイトやチーム内の共有スペースを活用して、情報の一元化を図ることもおすすめです。

最後に、定期的なフィードバックの実施も大切です。テレワーク社員とのコミュニケーションを改善するためには、相手の意見や状況を把握し、適切なフィードバックを行うことが必要です。定期的な面談やフィードバックセッションを通じて、お互いの課題や改善点を共有しましょう。

社内コミュニケーション改善によく起こる失敗事例

社内コミュニケーションの改善には、さまざまな失敗事例が存在します。ここでは、よく起こる失敗事例について考えてみましょう。

まず、コミュニケーションの一つの失敗事例として、情報の共有の機能不全が挙げられます。チームメンバー間での情報共有が不十分であると、プロジェクトの進行に必ずと言っていいほど支障をきたします。メンバーからの進捗報告が遅れたり、報告内容にムラがあったりすると、現状の把握が難しくなります。結果的に進んでは戻ることが多くなり、些細なトラブルが生じやすくなります。

また、テレワークの拡大によって、社内コミュニケーションの前提が変わったことも失敗事例の一つです。テレワークの広がりに伴い、メンバー間での直接的なコミュニケーションが減少し、チームの結束力が低下することがあります。黙々と行うテレワーク下では「何気ない会話」の相手がその場にいないので会話の機会が減り、メンバーのパーソナリティや状況把握が難しくなります。その結果、業務上でのコミュニケーションもスムーズに行えなくなり、トラブルにつながってしまうのです。

さらに、従業員同士のつながりが薄いという失敗事例もあります。組織内での団結力が強ければ、チームワークや意義のある関係が重視されます。しかし、部署間の距離感や同僚との面識の不足などによって、コミュニケーションの質が低下することがあります。たとえば、あるチームが他のチームのプロジェクトを引き継ぐ際に混乱が生じたり、同じ職場でありながら人間関係が難しいと感じ、ストレスにつながることが考えられます。


社内コミュニケーションは、強いつながりではなく距離感も大事

社内コミュニケーションは、「活性化」や「繋がり」を強調され、強化すれば強化するほど効果が出るものと勘違いされがちです。

テクノロジーの進化により、現代社会ではさまざまなツールがコミュニケーションの際に利用されています。対面の方法に加えて、SNSやビデオ会議など新しいツールが普及し、遠く離れた人々との円滑なコミュニケーションを可能にするべく、ビジネス・教育・医療などの幅広い分野で活用しています。

しかし、ITテクノロジーの進歩により、希薄な人間関係を問題視することがよくあります。対面に比べて相手の表情や声、非言語コミュニケーションの要素を伝えることが困難で、本来伝えたかったことが伝わらない可能性があります。

言語コミュニケーションはできますが、非常に短いタイムラグや相槌の難しさにより、対面のコミュニケーションよりもストレスや疲労を感じることが多くなります。
しかし、希薄な関係性は、ビジネスにおいては、すべて悪いとも言えません
というのも、人間関係はさほど濃密ではない方が互いにとって、生産性が上がる場合もあります。弱いつながり、強いつながりがある組織や職場が必ずしも生産性が高いとは限りません。多様性に配慮し、適切な距離感を個々人が持つ方が、個性が尊重されより生産性の高い議論ができる職場です。

コロナ禍で、なし崩し的にテレワークを実施した会社が、エンゲージメントが向上した例も多く、「濃密な関係」や「侃々諤々」というあるべき姿を絶対として、今のコミュニケーションの状態を問題視することは少々危険です。組織毎や職場内、役職間など、それぞれの距離を検討しましょう。この距離感に関しては、まだまだ研究の余地があり、世界で実証実験を兼ねた研究が進んでいます。

社内コミュニケーション改善策の重要性とメリット

社内コミュニケーションの改善策によって良好な社内コミュニケーションがとれる環境は、組織内の情報共有や協力関係を促進し、効果的な業務遂行につながります。

まず、社内コミュニケーションの改善策を実施することで、情報共有がスムーズに行われます。社内のさまざまな部署やチームが連携し、必要な情報を適切に共有することで、業務の効率化やミスの軽減が図れます。たとえば、社内SNSやチャットツールを活用することで、リアルタイムで情報を共有し、意思疎通を図ることができます。

さらに、社内コミュニケーションの改善策は、従業員のモチベーション向上にも繋がります。良好なコミュニケーション環境では、従業員が自身の意見やアイデアを積極的に発信することができます。その結果、従業員は自己成長や自己表現の機会を得ることができ、仕事への取り組み方やアイデアの提案に積極的になります。

さらに、社内コミュニケーションの改善策は、組織全体の協力関係を強化します。コミュニケーションの円滑化により、部署間やチーム間の壁がなくなり、情報やノウハウの共有が進みます。これにより、組織全体での目標達成や問題解決がスムーズに行われるようになります。

具体的な社内コミュニケーションの改善策としては、定期的なミーティングやコミュニケーションツールの活用、情報共有の促進などがあります。さらに、上司やリーダーが積極的にコミュニケーションを取ることも重要です。また、社内コミュニケーションの改善には、従業員の意見やフィードバックを積極的に取り入れることも大切です。

社内コミュニケーションの改善策を実施することで、組織内の情報共有や協力関係が強化され、効果的な業務遂行が可能となります。従業員のモチベーション向上や組織全体の成果向上にもつながるため、企業にとっては重要な取り組みと言えます。

まとめ

失敗しがちな社内コミュニケーションを改善するための重要なステップについてお伝えしました。ソフィアは部門間や他部署での連携不足、経営層と社員のコミュニケーション不足などの課題に対する具体的な対策を提案します。効果的な社内コミュニケーション改善のためにぜひご活用ください。

株式会社ソフィア

先生

ソフィアさん

人と組織にかかわる「問題」「要因」「課題」「解決策」「バズワード」「経営テーマ」など多岐にわたる「事象」をインターナルコミュニケーションの視点から解釈し伝えてます。

株式会社ソフィア

先生

ソフィアさん

人と組織にかかわる「問題」「要因」「課題」「解決策」「バズワード」「経営テーマ」など多岐にわたる「事象」をインターナルコミュニケーションの視点から解釈し伝えてます。

検索

  • カテゴリ
  • 部門
  • ランキング
  • タグ

検索

BLOG

おすすめの記事

人材育成

次世代の育成 職場体験の意義 中学生自ら考えるキャリア観 その目的と理解とは

2024.05.20

#SDGs#コミュニケーション#デザイン思考#働き方#多様性#研修・ワークショップ#社内イベント#調査

インターナルコミュニケーション

リーダーシップとは?リーダーに求められる能力やとるべき行動について解説

2024.05.08

#コミュニケーション#ビジネススキル#組織開発

人材育成

1on1(ワンオンワン)とは?目的やメリット、部下の成長を促すテクニックや話題例を紹介

2024.05.02

#コミュニケーション#チームビルディング#ビジネススキル

インターナルコミュニケーション

リーダーシップがある人とは?リーダーシップの種類と必要なスキル、求められる行動

2024.05.01

#業務プロセス改善#インナーブランディング#コミュニケーション#チームビルディング#ビジネススキル#組織開発

インターナルコミュニケーション

チームワーク力とは?ビジネスにおいて必要な理由と必要なスキルについて解説

2024.04.30

#業務プロセス改善#コミュニケーション#組織開発

インターナルコミュニケーション

チームワークを高めるポイントやメリットは?リーダーが取るべき行動についても解説

2024.04.30

#コミュニケーション#チームビルディング

インターナルコミュニケーション

チームビルディング研修とは?目的や期待できる効果、おすすめの研修について解説

2024.04.23

#コミュニケーション#チームビルディング#研修・ワークショップ

インターナルコミュニケーション

チームビルディングの具体例!企業事例やおすすめの手法も紹介

2024.04.23

#コミュニケーション#チームビルディング

インターナルコミュニケーション

ナレッジマネジメントとは?意味や導入のポイント、ツールなどを解説!

2024.04.19

#業務プロセス改善#Eラーニング#コミュニケーション#ビジネススキル#研修・ワークショップ#組織開発

インターナルコミュニケーション

チームビルディングに適したワークショップとは?ポイントや開催までの流れを解説!

2024.04.11

#コミュニケーション#チームビルディング#研修・ワークショップ

人的資本経営が注目される理由と実践のポイントを解説

インターナルコミュニケーション

人的資本経営とは?ビジネスにおいて注目される理由と実践のポイントを解説

2024.04.04

#イノベーション#インナーブランディング#コミュニケーション#チームビルディング#ビジネススキル#組織開発

マインドフルネスの意味やメリット、やり方とその効果

人材育成

マインドフルネスとは?意味や行うメリット、ビジネスで必要な理由とその効果を解説

2024.04.02

#イノベーション#働き方#組織開発

人材育成

次世代の育成 職場体験の意義 中学生自ら考えるキャリア観 その目的と理解とは

2024.05.20

#SDGs#コミュニケーション#デザイン思考#働き方#多様性#研修・ワークショップ#社内イベント#調査

インターナルコミュニケーション

リーダーシップとは?リーダーに求められる能力やとるべき行動について解説

2024.05.08

#コミュニケーション#ビジネススキル#組織開発

人材育成

1on1(ワンオンワン)とは?目的やメリット、部下の成長を促すテクニックや話題例を紹介

2024.05.02

#コミュニケーション#チームビルディング#ビジネススキル

インターナルコミュニケーション

リーダーシップがある人とは?リーダーシップの種類と必要なスキル、求められる行動

2024.05.01

#業務プロセス改善#インナーブランディング#コミュニケーション#チームビルディング#ビジネススキル#組織開発

インターナルコミュニケーション

チームワーク力とは?ビジネスにおいて必要な理由と必要なスキルについて解説

2024.04.30

#業務プロセス改善#コミュニケーション#組織開発

インターナルコミュニケーション

チームワークを高めるポイントやメリットは?リーダーが取るべき行動についても解説

2024.04.30

#コミュニケーション#チームビルディング

インターナルコミュニケーション

チームビルディング研修とは?目的や期待できる効果、おすすめの研修について解説

2024.04.23

#コミュニケーション#チームビルディング#研修・ワークショップ

インターナルコミュニケーション

チームビルディングの具体例!企業事例やおすすめの手法も紹介

2024.04.23

#コミュニケーション#チームビルディング

インターナルコミュニケーション

ナレッジマネジメントとは?意味や導入のポイント、ツールなどを解説!

2024.04.19

#業務プロセス改善#Eラーニング#コミュニケーション#ビジネススキル#研修・ワークショップ#組織開発

インターナルコミュニケーション

チームビルディングに適したワークショップとは?ポイントや開催までの流れを解説!

2024.04.11

#コミュニケーション#チームビルディング#研修・ワークショップ

人的資本経営が注目される理由と実践のポイントを解説

インターナルコミュニケーション

人的資本経営とは?ビジネスにおいて注目される理由と実践のポイントを解説

2024.04.04

#イノベーション#インナーブランディング#コミュニケーション#チームビルディング#ビジネススキル#組織開発

マインドフルネスの意味やメリット、やり方とその効果

人材育成

マインドフルネスとは?意味や行うメリット、ビジネスで必要な理由とその効果を解説

2024.04.02

#イノベーション#働き方#組織開発