デジタルトランスフォーメーション(DX)とは 組織変革の事例と進め方

#ICTシステム活用支援#イノベーション#組織開発

20.Feb.2020

IT・ICTの進歩により既存のビジネスモデルが淘汰されて社会変革が生じるなど、世界は大きく変わってきました。今後も世の中をリードする存在であり続けられるかどうか、今が企業にとって重要な転換点であると言えます。そんな状況で必須なのが、デジタルトランスフォーメーションです。デジタルトランスフォーメーションとは最近耳にすることの増えてきた言葉ですが、具体的にはどのようなことを指すのでしょうか。この記事で詳しく見ていきましょう。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは

まずは、デジタルトランスフォーメーションの定義と背景を確認しておきましょう。

デジタルトランスフォーメーションの定義

デジタルトランスフォーメーションとは、最先端のデジタルテクノロジーを使ってビジネスモデルや業務の在り方などを大きく変えることです。2004年にスウェーデンにあるウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したことで広まった概念であり、英語のトランス(Trans)の省略形であるXを用いてDXと略されることもあります。

新技術を利用して既存の製品やサービスに付加価値をつける単純な「デジタル化」ではなく、社会の構造を根本から変えることを目指しているので、「デジタルトランスフォーメーション」と呼ばれています。

デジタルトランスフォーメーションのいま

デジタルトランスフォーメーションという言葉自体は、産業界などを中心に少しずつ認知されるようになってきたものの、残念ながら日本ではあまりデジタルトランスフォーメーションが進んでいるとは言えません。既存システムが複雑であるうえ、現場での抵抗感もあり、なかなか実現しないのです。
しかし現実問題として、早急にデジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みを始めなければいけません。AmazonやUberなどの例が顕著ですが、テクノロジーを利用したサービスが既存の産業に取って代わる「デジタルディスラプション」という現象がすでに進んでいる中、大企業であってもこの先も安定した経営を続けられるかはわからないからです。

経済産業省によると、企業が何の対策もとらなければ2025年以降に毎年最大12兆円の経済損失が生じる可能性があります。これは「2025年の崖」と呼ばれていますが、このリミットが迫る中、何らかの対策を打たなければいけません。

参考:「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」経済産業省 

参考記事:
どうして「デジタルトランスフォーメーション(DX)」にワクワクしないんだろう?   

デジタルトランスフォーメーション導入の事例

次に、デジタルトランスフォーメーションの具体的な事例を見てみましょう。

名刺のデータベース化

ビジネス上では欠かせない名刺ですが、その管理を社員に任せている企業は今でも多くあります。しかしITを利用すると、紙の名刺を読み取って情報をデジタル化し、社内のサーバーで管理することができます。名刺のデータベース化は、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みの一環と言えます。

名刺をデータベース化することで、異動の際の引継ぎ業務が効率化できたり、組織内における各個人の人脈の共有が容易になったりするというメリットが生まれます。また紛失などのリスクも減少し、個人情報の保護という観点からも優れています。

コンビニや倉庫の省人化

最近では、コンビニや倉庫の省人化も進んでいます。最先端のITを活用することで、できるだけ人手がかからないようにしています。たとえば、レジの無人化や品質管理の機械化はすでに多くのコンビニなどで導入されています。

海外では完全無人の店舗が現れ始めていますが、数年後には日本でも店員のいないコンビニが当たり前になっているかもしれません。店舗や倉庫におけるこのような省人化は、今後起こりうる労働力不足の対策に効果を発揮することが期待されています。

デジタルトランスフォーメーション導入の課題

なぜ、デジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みは進んでいないのでしょうか。導入への課題を見てみましょう。

経営陣または現場のコミットメント不足

デジタルトランスフォーメーションが進まない理由の1つに、経営陣や現場のコミットメントが不足しているという事情があります。世の中の動きを肌で感じている経営陣はデジタルトランスフォーメーションが重要であること自体は理解しているものの、実際に何から手を付けたらいいのかはなかなかわかっていません。そのため具体的な方向性を示すことができず、取り組みが進まないのです。

現場レベルでは、デジタルトランスフォーメーションそのものに対する理解が不足しているケースもあります。また、慣れ親しんだやり方が変わることに対する拒否感もあり、積極的に導入しようという雰囲気になりにくいという事情もあるでしょう。これを解決するためには、経営陣からの明確な指示が必要です。

参考記事:
NotesからShare Point Onlineへの移行が失敗する3つの要因と、成功のための処方箋

複雑な既存システム

既存のシステムが複雑であるという点も、デジタルトランスフォーメーションにあたっての大きな課題です。既存のシステムは更新を重ねながら長期間利用されているため、ブラックボックス化してしまっているケースがあります。そのためになかなか抜本的な改革に踏み切れないばかりでなく、現行のシステムの維持管理に莫大な費用がかかり、新しい挑戦をするための資金が確保できていません。

長期的な視点を持ってITへの資金・人材投資ができていないことが、多くの日本企業の課題と言えるでしょう。

参考記事:
これからのIT部門は何をするのか?  

デジタルトランスフォーメーションとインターナルコミュニケーション

デジタルトランスフォーメーションに取り組む第一歩は、その重要性を社内全体で共有することです。そのためには、インターナルコミュニケーションが有益です。

インターナルコミュニケーションの重要性

インターナルコミュニケーションとは、社内に向けた広報のことです。企業理念や経営目標などを全社員が理解するためには、社内でのコミュニケーションや情報共有が欠かせません。目的に向かって社内全体で取り組む環境を築くため、まずは社内の意識調査や業務のプロセスの見直しを行ってみるのも良いかもしれません。

デジタルトランスフォーメーションにはインターナルコミュニケーションが必須

デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、インターナルコミュニケーションが必須です。デジタルトランスフォーメーションは経営陣の話し合いだけでは進めることができません。現場の社員の理解や協力を得るためには、業務改革を行う目的や着地点を社内できちんと共有することが重要です。そのために、インターナショナルコミュニケーションの手法である「社内報」などを用い、繰り返し周知し続けることが効果的です。

参考記事:
インターナルコミュニケーション(社内広報)とは?  

デジタルトランスフォーメーションの進め方

では、デジタルトランスフォーメーションをどのように進めていけばいいのか考えてみましょう。

専任者・専門組織の設置

社内に先任者や専門組織を設置しましょう。デジタルトランスフォーメーションは、実際に導入するまでに幾度のトライアルが必要となり、ほかの業務の片手間で扱えるようなことではないからです。

外部コンサルタントとの連携

デジタル技術は日々進歩しており、世の中の流れもそれに合わせてどんどん変わっていきます。そのため、デジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みには外部の知見も取り入れるべきです。多くの情報を持つ外部コンサルタントと連携することで、辿るべき道筋が明確になったり助言を得ることができたりするでしょう。

インターナルコミュニケーションの土壌形成

できるだけ早い段階でインターナルコミュニケーションの土壌を形成しておくことも大切です。デジタルトランスフォーメーションへの取り組みは、やがては全社を巻き込んだ変革になるからです。

インターナルコミュニケーションが機能していれば、社内報などの情報発信ツールを利用してデジタルトランスフォーメーションに関する社員の理解を深めることができます。また、社内の思わぬところに知見のある人材が潜んでいる可能性もあるので、効率的にデジタルトランスフォーメーションを進めるためには現場からの意見を積極的に取り入れることも重要です。

参考記事:
業務改善の事例と進め方 成功するためのポイントとは  

[まとめ] デジタルトランスフォーメーションへの取り組みは待ったなし

アメリカやヨーロッパ、アジアなどの国々がデジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みを進める中、日本企業の動きは遅れがちです。世界の潮流に乗るため、早急にデジタルトランスフォーメーションの戦略を立てなければいけません。デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、社内の理解を得ることも大切になります。効果的にインターナルコミュニケーションを利用しながら取り組みを進めるとよいでしょう。

関連サービス

お問い合わせ

「デジタルトランスフォーメーション(DX)とは 組織変革の事例と進め方」の記事をシェア!

おすすめの記事