SERVICE

サービス内容

研修・ワークショップ
Learning Experience Design
組織の課題解決や、人財・組織の発展に資する学びをデザインします。

コミュケーションスキル

  • 会議の場で意思決定者ばかりが話している
  • パワハラやセクハラなどの問題があちこちで発生し、離職率が高い
  • 匿名の掲示板サイトやSNSなどで、現役社員や退職者による内部告発が多発している
  • 若手社員が萎縮していて、斬新なアイデアや思い切った取り組みが生まれにくい
  • マネジャー層が上意下達型のコミュニケーションスタイルから脱却できず、チーム内での対話が生まれにくい
  • 部門間連携が生まれにくい
  • 組織の理念やビジョンに対する解釈が、経営陣と現場とで大きく異なっている

個人のコミュニケーションスキル開発を通じて、組織の課題を解決する

現状の組織の課題から、その根底にある「個人のコミュニケーションスキルの問題」を抽出し、スキル向上に向けたトレーニングを提供します。

コミュニケーションスキルには、情報を正しく伝え、正しく理解するための論理的なスキルと、我慢したり遠慮したりせずに率直な意見を伝えたり、相手から率直な意見を引き出すための心理的なスキルの両面があり、解決したい組織の課題、受講者の業務や立場、利用するメディア(対面、動画、電話、メール、チャット等)やコミュニケーションする場面によっても、必要とされるスキルは異なります。ソフィアでは、組織の課題と、コミュニケーションの目的・場面・主体(人)・使用するメディアといった要素を総合的に考慮して、御社に最適なトレーニングのプログラムをデザインし、事前調査から、研修・ワークショップの企画、運営、アフターフォローまで、一貫して提供。個人のコミュニケーションスキルを強化することで、組織風土の変革や、組織の課題解決へとつなげます。

プロジェクトベースラーニング

  • 新規事業創出、イノベーション創出を目指したいが、どのような研修を行ったらよいのかわからない
  • 外部講師による研修を実施しているが、実際の業務にまったく生かされていない
  • 研修の効果について懐疑的な声が社内で上がっている
  • 研修の受講率が悪い←効果性が悪い

リアルな組織の課題に取り組む研修で、従業員の当事者意識を醸成

「プロジェクトベースドラーニング」は、複雑な課題や挑戦しがいのある問題に対して、生徒が少人数のグループでの自律的な問題解決・意志決定・情報探索などを通じて解決を目指す学習方法で、学習者が主体的・能動的に学ぶ「アクティブラーニング」を実現する手法の1つとして注目を集めています。
「プロジェクトベースドラーニング」は組織や受講者の状況を踏まえた綿密な設計が成功のカギとなります。私たちは、組織の課題に応じて適切な題材を選定し、学習者の体験(ラーナーエクスペリエンス)を重視したプログラムのデザインと、学習支援(ファシリテーション)を提供します。学習のアウトプットとして学習者自身が経営陣にプレゼンテーションを行う場を設けることで、学習の成果を実際に企業の課題解決につなげるとともに、課題を深く理解し、継続的に関与する人材の育成と、ボトムアップで自律的に問題解決を行う組織風土の醸成にもつなげます。

理念浸透ワークショップ

  • 企業の理念やビジョンに対する社員の理解を促進する研修やワークショップを実施してきたが、表層的な理解にとどまっている
  • 理念やビジョンに対する腹落ち感がなく、様々な資料などでビジョンや理念が都合良く使われている
  • ビジョンや理念について、深く語れる社員を見たことがない
  • 社員がワークショップ慣れしてしまい、発言を求めると正解を当てに来る

方針やビジョンの浸透を担うアンバサダーを育成するためのプログラムを提供

現場の行動変革に直結する研修やワークショップを通して、方針やビジョンに対する受講者の深い理解と、各現場で浸透するためのノウハウの学習、具体的な浸透施策の考案と実践に結び付けるとともに、社内講師の育成、研修の内製化も実現します。
抽象的な方針やビジョンを、各現場の状況に合わせて具体的に噛み砕き、「現場に近い人」から受講者一人ひとりに直接伝えることで、「自分ごと」として伝わります。受講者がアンバサダーとなって浸透施策を実践し、次のアンバサダーを育てる立場となっていくことで、アンバサダー自身の継続的な意識・行動改革、モチベーション向上にもつながります。
より効果的な浸透が実践に向けて、冊子などオリジナルの浸透ツールの作成も承っています。

研修内製化支援

  • 外部講師による研修は、研修の内容が現場の実務との間にギャップが大きく、実践につながりにくい
  • 社内大学を解説しているが学習コンテンツが足りず、社内講師の量・質とも不足している
  • 社内大学を創設して研修を内製化したいが方法がわからない
  • 社内独自のノウハウやテクノロジーを可視化して展開し、人材開発に活かしたい

組織内の生きたナレッジを形式知化し、現場の実践につながる研修を実現

組織内で研修講師を育成し、継続的に組織内研修を実施するためのプログラムを提供します。組織内部の暗黙知を研修プログラムやオリジナル教材として形式知化・伝承するとともに、現場の生きたナレッジを取り入れることで現場の実践力につながる研修を実現。組織内講師の「教える力」を高めることで、組織内講師自身のスキルアップや意識向上にもつながります。
プログラム開発に先立つ調査・ヒアリングから、講師育成のための講習会実施、研修の定着に向けた施策のご提案、効果測定と改善施策のご提案など、研修内製化の上流から下流までサポートいたします。

LM365

  • Microsoft365に連動したEラーニングシステムを探している
  • SharePoint OnlineのサイトにEラーニングを組み込みたい
  • Microsoft Teamsの内で、オンライン研修/Eラーニングのブレンデッドラーニングを実施したい

業務システムとシームレスに利用できるEラーニングシステムで、柔軟な学習環境を提供

ソフィアが日本代理店として提供する「LMS365」は、Microsoft 365(旧 Office365)のユーザーアカウントを使用して、学習コンテンツの配信/受講/進捗管理業務を一括管理できるラーニングマネジメントシステムです。ユーザーの利便性を飛躍的に向上させるとともに、人材開発部の業務効率化をはかることが可能です。 マルチ言語表示やスマートフォン表示にも対応し、いつでもどこでも学習環境を用意できます。また、TeamsなどのOffice365アプリと連動させることで、非同期のEラーニングコンテンツと同期のオンライン講義、チャットによるディスカッションや学習支援を含めたブレンデッドラーニングを実現することも可能です。

製品サイト|LMS365特設サイト
・Microsoft® SharePoint Online上で動作するeラーニングシステム「LMS365」
・コース作成/コースカタログ作成機能で、手軽にコース作成が可能
・ラーニングパス機能で、ワード/エクセル/パワーポイント資料を学習コンテンツ化できる
・受講者の理解度を計るクイズ機能
・受講状況のレポートをエクセル形式でダウンロード可能
・ダッシュボードで、受講者個々人の受講内容や進捗をパーソナル表示
・スマートフォンアプリでの受講が可能

ラーナーエクスペリエンスデザイン

  • 研修の事前の動機付けがうまくできておらず、研修の効果が出ない
  • 研修で学んだ内容が現場での実践につながっていない(研修転移が生じない)
  • 研修事後アンケートの結果以外に、研修の成果を測り、改善につなげるための指標がない
  • 研修のオンライン化をしたが、集合研修と同じ内容をただWEB会議システム上で実施するのみにとどまっている

デジタルツールを活用して、学習者のモチベーションと事務局の効率を最大化する

Microsoft 365(旧 Office365)やその他のクラウドツールを活用し、集合研修やオンライン研修をより効率的に、かつ効果的に進化させるサービスです。事前調査を通じて研修対象者の業務内容や心情を深く理解した上で、「研修前から研修中、研修後にかけて、受講者がどのような体験をし、どのように感じ、どのようなアクションをとるのか」を想定して、現場での実践につながる研修をデザイン。受講者への事前告知、e-Learningによる事前学習、集合研修やオンライン研修後のフォローアップをシームレスに実現するためのプラットフォームの提供と、活用支援を行います。

デジタルツールのポータル機能やコミュニティ機能を活用して、研修前後も含めた受講者のサポートを行うとともに、研修事務局の各種業務(告知、出欠管理、集計分析など)を大幅に効率化。実践につながる効果的な研修を実現します。

各種ワークショップ・研修の企画/実装

  • 毎年実施しているスキル研修や階層別研修がマンネリ化している
  • 外部講師が用意する教材や講義の内容が実際の業務内容と離れているため、受講者にとって研修が自分事にならない
  • 社員がワークショップ慣れしてしまい、模造紙と付箋を出すと「またか」という反応をされる
  • ワークショップの場は盛り上がるが、そのアウトプットが組織や業務の改善につながっている実感がない

組織の課題に応じたオリジナルの教材・学習プログラムを開発

事前調査やヒアリングから、それぞれの現場に期待される実践行動を導出し、現場の実態に即したオリジナル教材を開発します。動画やテキストでリアルな事例を再現したり、ロールプレイやディスカッションを通じ、期待される行動を受講者が納得感を持って理解できるようにするなど、課題や受講者の意識・行動に適したプログラムをご提案。具体的なストーリーやリアルケースを含むオリジナル教材だからこそ、受講者の納得感が高く、現場での実践にもつなげやすくなります。また、ICTプラットフォームで受講者同士をつなぎ、お互いに切磋琢磨しながら研修の成果を継続的に共有することで、より日常的な実践を強化していきます。

社内イベントの企画/運営/実装

  • これまでのイベントよりも良いもの、新しいものを求められるが、これといった企画が思いつかない
  • イベント前の盛り上げや、イベント後の報告などもしっかり行いたいが、当日の企画運営だけで手一杯になってしまう
  • 社員がいやいや、仕方なく参加していることがわかるが、どうすればよいかわからない

目的に応じて最大限の効果につながるイベントを企画・運営

さまざまなステークホルダーを対象とした社内外のイベント運営をサポートします。企画立案から、上申、詳細設計、各種クリエイティブの制作、事前告知、当日進行、事後報告までワンストップでご提供することが可能です。イベント当日だけでなく、前後を含めて参加者のモチベーションを上げるためのイベント企画・運営、フォローアップを得意としています。

イベントの目的に応じて、予算や時間等の制約条件の中でも、最大限のパフォーマンスを発揮します。記録映像の撮影やストリーミング配信、オンライン参加者との双方向コミュニケーション体制構築、マネジメントや重要顧客のアテンド等もお任せください。

「研修・ワークショップ/Learning Experience Design」に
関する課題・お悩みなどお気軽にご相談ください。

BLOG

おすすめの記事